工事 水道 生活/暮らし

雨漏り火災保険の条件を把握しておこう

投稿日:2021年3月24日 更新日:

雨漏りで発生した被害に対しては火災保険が適用できることもあります。この場合、時に高額になる修理費用の一部が負担されるので、経済的にはとてもメリットが大きいです。ただし雨漏り火災保険に関しては、クリアしなければならない条件もあるので、それは事前に把握しておくのが望ましいです。条件は以下の通りです。

まずは火災保険に加入しており、かつ風災補償に加入していることです。この風災補償は、ほとんどの場合は基本補償としてついています。しかし保険加入状況は個々により異なります。もし、この部分の補償に加入していない場合は、雨漏り火災保険の適用にはなりません。

それから雨漏り火災保険とは言うものの、これは風災による損失と言う扱いとなります。よってただ単に強い雨が降っただけでは対象外で、そこには強い風が吹いていたことも条件です。この強い風と言うのは最大瞬間風速のことであり、これが秒速20m以上、吹くことが条件となっています。この数字がどれくらいの風なのかはなかなか想像しにくいかもしれませんが、実はそれほど珍しい強さの風ではないとされています。

ですから強い風を伴った雨により雨漏り被害が発生した場合は、ほぼこの条件は満たしていると考えられます。そして期限です。雨漏り火災保険に関しては、強い風が吹いて被害を受けた日から3年以内に申請をする必要があります。またその被害がたとえ風雨によって発生したものであったとしても、その部分に経年劣化などが発生してた場合は雨漏り火災保険の対象外です。

よって日頃から、住宅のメンテナンスは必要不可欠です。

-工事, 水道, 生活/暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

雨漏り火災保険を使うには

雨漏り火災保険を掛けている場合には雨漏りの修理をするさいに保険を利用して修理費を補償してもらえるケースがあります。

雨漏りへの住宅保険の対応について

雨漏りは水害による浸水や土砂崩れによる倒壊などと同じく、集中豪雨や台風など雨の被害によるものですが、保険金の支払いに関しては状況によって扱いが異なります。

水道詰まりのトラブル解決と名古屋の業者

水道詰まりのトラブルが発生すると、水を流せなくなってしまうため、水を出すことが難しくなります。

屋根塗装による雨漏り修理

屋根塗装の塗膜が正常に機能しているだけでも、雨漏り予防の効果は大きいです。

屋根の劣化などで雨漏り修理が必要になったときは

築20年や30年以上の家に住んでいると、気付かないうちにあちこちが傷んでいるので、台風や大雨のときに雨漏りがすることがあります。