つまり トイレ 生活/暮らし

雨漏り火災保険の適用には条件が

投稿日:2021年3月9日 更新日:

すでにいくつかの保険に加入している人も多いですが、その中でも自宅や住まいに関する保険として火災保険があります。その名の通り、火災が起きた時に適用されますが、実は火災保険にはその他にも様々な災害や風害の被害をも補償してくれます。各保険商品によって補償内容は異なりますが、例えば雨漏りが起きた時に、修理費等を補償してくれる可能性もありますが、雨漏り火災保険には被害にあった際の理由を明確にしておく必要があります。雨漏り火災保険の適用を受けるには、まず現在加入している保険の内容を確認してみましょう。

各被害に応じた補償内容が記載されていますが、恐らく雨漏り補償という記載は無いかもしれません。主に、水害や風害の被害にあった際に適用される事が多いため、自宅の老朽化による雨漏りや、以前修理をした箇所から雨漏りが発生した等が理由の場合は、雨漏り火災保険の適用は難しいと考えましょう。火災保険には、各種補償される被害の詳細を知る事が出来ますので、原因が記載されている内容出なければ補償される可能性は非常に低いため、保険への加入の際には確認が必要となります。補償内容の幅が広くなればなる程、その分保険料も高くなる傾向にありますので、希望する補償内容に合わせて保険を選択しておきましょう。

各種オプションで水害や風害の補償を追加する事も可能ですので、各保険商品を比較しながら、現在の自宅に合った保険内容と保険料から加入すると良いでしょう。

-つまり, トイレ, 生活/暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウォーターサーバー探しは口コミを確認

ウォーターサーバーは導入しようと思っても、いろいろ種類があって迷ってしまいます。

不断水工事の特徴と工法

以前は水道管路から、分岐管(枝管)を取り出すためには、工事は断水しなくてはできませんでした。

雨漏り修理するなら屋根屋さん

大雨や台風などによる横殴りの雨などでふと天井を見上げると雨漏りし、天井にシミが出来ているなんて事が起こっているお宅もあると思います。

水道の不断水工事とは

不断水工事とは、新しく水道を引く際に、既に流れている水道を止めることなく工事を行うことを指します。

水道詰まりは名古屋の業者へ

日常の中で必要不可欠となるのが水道管です。