つまり トイレ 生活/暮らし

水道の不断水工事について

投稿日:2021年2月12日 更新日:

不断水工事とはその名前のとおり水道工事の際に断水を引き起こすことなく行える工事のことです。ただ、全ての水道工事が不断水工事でできるわけではありません。一般的には、水道水の本管部分には特に何の問題もなく、単にそこから新たな水道管を分岐させて取り付けたいという場合にこの不断水工事が選択されることもあるという程度です。もし本管に何か不具合が起こっている場合は、よほど何か特別な事情とかメリットがない限りは不断水ではなく、断水させて工事を行うことになるのが普通です。

本管に何か不具合が起こっている場合は、本管から水道水の供給を受けている人全てに関係する話ですから、断水させても理解が得られやすいでしょう。それなら当然やむを得ないというわけです。しかし本管そのものには何も不具合がなく、単にそこから新たな水道管を分岐させたいという場合に断水を起こしては、他の人の理解は得られにくいかもしれません。確かに多くの人は、迷惑な話だが水道はどんな人にも必要だからまあ仕方がないかと思ってはくれるでしょうが、内心では止めて欲しくないと思っているに違いありません。

こういう場合、工事の方法を工夫して、断水を引き起こすことなく行えるのであればそれに越したことはありません。既に本管から水道の供給を受けている人に迷惑をかけることはありませんし、工事をする側も必要以上に気を使うことがなくなります。もちろん断水を予め周知する必要もありません。

-つまり, トイレ, 生活/暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

雨漏り火災保険が使える条件

雨漏りが起こった場合、高額な修理費用がかかってしまいます。

ウォーターサーバーの料金を見ておきましょう

これからミネラルウォーターをできるだけ安く仕入れたいと思っているのであれば、ウォーターサーバーのレンタル料金にチェックを入れて、自分なりにどういったものを借りれば良いのかを考えるようにします。

ゲリラ豪雨や台風による被害には雨漏り火災保険

近年では夏のゲリラ豪雨は非常に多く発生し建物への影響も心配されます。

雨漏り火災保険の適用には条件が

すでにいくつかの保険に加入している人も多いですが、その中でも自宅や住まいに関する保険として火災保険があります。

水道詰まりは名古屋の業者へ

日常の中で必要不可欠となるのが水道管です。