工事 水道 生活/暮らし

雨漏り修理するなら屋根屋さん

投稿日:2021年1月24日 更新日:

大雨や台風などによる横殴りの雨などでふと天井を見上げると雨漏りし、天井にシミが出来ているなんて事が起こっているお宅もあると思います。家の形状や屋根の形状などによっていろいろな雨漏りの原因が考えられます。一階が雨漏りする場合には、屋根だけでなく壁やサッシ周り、ベランダの防水等々原因はいろいろ考えられますが雨漏りしている箇所の大体真上付近から雨が進入している場合が多いです。自分で判断するにはなかなか今雨漏りしている上に何があるのか分かりにくかったり、真上の物が分っても雨漏り箇所の特定にはなかなか難しい場合が多く、専門の業者にお願いするのが早くて確実に雨漏り修理する事が出来ます。

雨漏り修理の依頼をする場合には自分の家がどのような材料を使用しているのか把握し、専門の業者に依頼するのが一番確実で、瓦屋根の場合には屋根屋さん、板金の場合には板金屋さんといった感じです。中でも屋根屋さんは雨漏り修理の依頼が多い事もあり、いろいろな知識を持っています。他の業者さんも知識は持っていますが、瓦の修理となると専門の技術や道具などが必要になり、他の業者さんに依頼するとその業者さんを通して修理依頼する事になり費用が直に依頼するより割高になる場合もあります。勿論、瓦以外の材料を使用していて瓦屋さんに依頼しても同じ事が起こります。

一番良いのは、家を建てた際に工事した業者に修理も依頼するのが一番で、手抜き工事や悪徳業者の可能性もなく安心して依頼できます。

-工事, 水道, 生活/暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

雨漏り火災保険の条件を把握しておこう

雨漏りで発生した被害に対しては火災保険が適用できることもあります。

不断水工事の適用について

不断水工事は特殊な器具、部品を用いることで、既設の水道管を断水させることなく新規の水道管を分岐、枝分かれさせることができる工法です。

雨漏りは保険金支給の対象か否か

最近は以前よりも、短時間に大量の雨が降る、突風や強雨を伴う台風が起きるということが多くなりました。

雨漏り火災保険の適用には条件が

すでにいくつかの保険に加入している人も多いですが、その中でも自宅や住まいに関する保険として火災保険があります。

不断水工事の分岐作製

不断水工事による水道管分岐の作製には大きなメリットがあります。