つまり トイレ 生活/暮らし

雨漏り火災保険の内容は

投稿日:2021年3月3日 更新日:

予期せぬ時に発生する雨漏りですが、修理費が大きく支払いが大変になる事もあります。そのような場合は、雨漏り火災保険として保険金が支払われる事があります。住宅購入時に必ず加入する火災保険は、突発的な自然災害に対して支払われる保険金で火災をはじめとして水災・風災・落雷・ひょう災・雪災・外部からの飛来などに対して補償されます。日本では、様々な気象が1年を通しておこります。

春一番・突風・竜巻・台風などの強い風そして梅雨・夏の豪雨・秋雨・降雪といった雨など家はこれらの自然の影響を常に受け耐え抜いています。知らず知らずのうちに屋根や壁は傷み雨漏りが起きる事になります。雨漏り火災保険はこうした気象の影響が原因で起きた際に適用されますが、補償される項目としては風災補償となります。水に関する影響で水災補償に該当しそうに思われがちですが、水災は洪水や高潮そして大雨による土砂崩れに適用されるものです。

雨漏り火災保険として適用される風災補償は、風によって屋根や外壁が損傷を受けて雨漏りが起きた事の因果関係が認められた場合に適用となります。被害に遭った際には速やかに申請をする必要があり、時間が経過すればするほど風が原因と証明する事が難しくなり保険金の支払いが出来ない事もあります。適用外となるのはこれ以外にも、経年劣化によるものや老朽化によるものには支払が出来ません。普段よりメンテナンスを行い建物としての機能を保つ事も重要となります。

名古屋のトイレつまりのことならこちら

-つまり, トイレ, 生活/暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

屋根塗装による雨漏り修理

屋根塗装の塗膜が正常に機能しているだけでも、雨漏り予防の効果は大きいです。

ウォーターサーバーは口コミで選びましょう

ウォーターサーバーを契約する場合には、実際に使用している方の口コミで検討していくのも良いでしょう。

屋根の劣化などで雨漏り修理が必要になったときは

築20年や30年以上の家に住んでいると、気付かないうちにあちこちが傷んでいるので、台風や大雨のときに雨漏りがすることがあります。

雨漏り火災保険が使える条件

雨漏りが起こった場合、高額な修理費用がかかってしまいます。

屋根を雨漏り修理したら行なう散水検査

雨漏りは雨の降っている日に発生しますが、雨漏り修理は雨の降っていない日に実施されます。