修理 水道 生活/暮らし

不断水工事の分岐作製

投稿日:2021年2月24日 更新日:

不断水工事による水道管分岐の作製には大きなメリットがあります。断水不要というのが最大のメリットであることは言うまでもありませんが、その他にも一般的に断水工事と比べると工期が短くて済むという点も挙げられます。しかし、不断水工事は決して100%メリットばかりではありません。デメリットもありますので、必要に応じて臨機応変に対応する必要があるのです。

最も気になるのはやはり不断水工事の工法そのものに伴うものです。この工事では、既存の水道管にドリルで穴を開けてそこに新規の水道管をつなぐことになりますが、継ぎ目部分は単なるゴムパッキンによる締め付けであり、管どうしが溶接のように一体成型されているわけではありません。不断水工事では本管には手を付けることができませんからやむを得ないのですが、これはどうしても強度に不安が残るところです。地震などのときに、一体成型されている分岐管に比べれば強度の劣る継手部分が破断するおそれが大きいのではないかと考えられます。

とくに、既存の水道管そのものが古くて強度が落ちてきているようなケース、分岐水道管の径が太くそれだけ大きな穴を開けることになるために強度不足がより懸念されるケースもあり、このような場合にはやむを得ず断水工事とし、既存水道管を取り換えつつ分岐作製せざるを得ないこともあります。また、ゴムパッキンによる締め付けを確実に行うためには、継手部分の本管はまっすぐで余計な突起部位などがないことも工事の条件となります。

-修理, 水道, 生活/暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

屋根の劣化などで雨漏り修理が必要になったときは

築20年や30年以上の家に住んでいると、気付かないうちにあちこちが傷んでいるので、台風や大雨のときに雨漏りがすることがあります。

水道の不断水工事について

水道の不断水工事では、工事の方法を工夫し、既に流れている水道管に特に影響を及ぼすことなくその水道管に穴を開けて新たな水道管を取り付けることができます。

雨漏り修理するなら屋根屋さん

大雨や台風などによる横殴りの雨などでふと天井を見上げると雨漏りし、天井にシミが出来ているなんて事が起こっているお宅もあると思います。

雨漏りへの住宅保険の対応について

雨漏りは水害による浸水や土砂崩れによる倒壊などと同じく、集中豪雨や台風など雨の被害によるものですが、保険金の支払いに関しては状況によって扱いが異なります。

不断水工事の特徴とは

不断水工事とは、水道工事を行う際に断水を引き起こすことなく行えるものを指します。