漏れ 生活/暮らし 詰まり

屋根を雨漏り修理したら行なう散水検査

投稿日:2021年1月12日 更新日:

雨漏りは雨の降っている日に発生しますが、雨漏り修理は雨の降っていない日に実施されます。屋根に登る作業だからです。工務店の人に雨漏り修理を依頼するときに、雨の日の様子を見てもらうと効果的です。実際に現場を見てもらえない場合でも、動画で撮影しておく方法があります。

工務店の人が訪問してきたときに、撮影しておいた動画を見せると、どのような雨漏りなのか明確に伝わります。雨漏りのチェックポイントは、水滴の色、落ちるスピード、音の大きさです。屋根から流れ込んで、部屋の中に落ちてくるまでに、どのような経路を辿っているのかによって、色とスピードと音が変化するからです。屋根の修理が済んでも、雨が降っていないので、適切に処理されたのか客観的に判断するのは困難です。

工務店の人は散水検査を行ないます。散水検査は人為的にあめが降ったときと同じ状況を作り出して、水が室内に落ちていかないか確認するものです。雨漏りしている状況を見てもらえなかったり、動画で撮影できないときは、工務店の人が雨漏り修理の実施前に散水検査を行ないます。水を流して、雨漏りを再現するためです。

散水検査を行なうと、その日は工事を行えません。散水検査は雨漏り修理の前に実施するのと、修理後に実施するのとでは目的が異なります。屋根に防水シーリング剤を塗布した場合は、シーリング剤の乾燥を待ってから散水検査を行ないます。散水検査のタイミングは、工務店が説明してくれますが、ベストのタイミングで実施されると理解しておくと良いでしょう。

-漏れ, 生活/暮らし, 詰まり
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

屋根の劣化などで雨漏り修理が必要になったときは

築20年や30年以上の家に住んでいると、気付かないうちにあちこちが傷んでいるので、台風や大雨のときに雨漏りがすることがあります。

雨漏り修理には保険が使えることも

衣食住、特にその中でも住環境はとても大事なものです。

雨漏りへの住宅保険の対応について

雨漏りは水害による浸水や土砂崩れによる倒壊などと同じく、集中豪雨や台風など雨の被害によるものですが、保険金の支払いに関しては状況によって扱いが異なります。

雨漏りの際に使える保険について

現在お住いのお宅で、梅雨時などに雨漏りに悩まされているという方は少なくないのではないでしょうか。

雨漏りに保険は適用されるのか

自宅で雨漏りが起こってしまうと、様々な場所に被害が及びます。