名古屋 水漏れ 生活/暮らし

雨漏り修理には保険が使えることも

投稿日:2021年1月6日 更新日:

衣食住、特にその中でも住環境はとても大事なものです。毎日安心できるマイホームで暮らせるということは当たり前のことなのですが、いざトラブルが起きると家の大事さには気づかされます。そんな家のトラブルでよく聞くのが、雨漏りです。屋根が劣化や破損して雨漏りが発生すると、家の中が濡れてしまうだけでなく、内部の構造が劣化したりと家そのものが大きなダメージを受けることにも繋がってしまいます。

しかし、屋根の修理には症状にもよりますがお金が掛かります。なかなか急な出費というのも難しい場合も多いでしょう。しかし、そこで諦める必要はありません。雨漏り修理には、保険が使えることもあるのです。

場合にもよりますが、全額を保険から出して実質無料で修理するということも可能です。そんな屋根の修理で使うのは火災保険です。火災、という言葉から火事での被害のみに対応していると思っている方も多いのですが、実際は様々なことでの被害に対応してもらえるのです。その中でも屋根の修理に使う場合は、風災というものが適用されることが多いようです。

つまり、台風などの強風により屋根が損害を受けたとして申請することになります。とはいっても、もちろん適用にはいくつかの条件があります。風災被害にあってからの経過期間や修理費用の金額などが主な条件です。そこでおすすめなのが、信頼できる業者に申請の相談も含めて依頼することです。

信頼のおける業者は保険会社からも信頼が置かれている場合が多く、保険会社の調査の際にも問題が起きる可能性が低くなります。そういった業者ならば雨漏り修理の品質も、価格も安心できるものです。どちらにしても雨漏りが発生した場合は、なるべく早く信頼できる業者に相談するのがベストと言えるでしょう。

-名古屋, 水漏れ, 生活/暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

屋根の断熱材にも配慮した雨漏り修理

屋根裏に断熱材を施工してある家は、雨漏りは大敵です。

屋根の劣化などで雨漏り修理が必要になったときは

築20年や30年以上の家に住んでいると、気付かないうちにあちこちが傷んでいるので、台風や大雨のときに雨漏りがすることがあります。

雨漏りは保険金支給の対象か否か

最近は以前よりも、短時間に大量の雨が降る、突風や強雨を伴う台風が起きるということが多くなりました。

雨漏りへの住宅保険の対応について

雨漏りは水害による浸水や土砂崩れによる倒壊などと同じく、集中豪雨や台風など雨の被害によるものですが、保険金の支払いに関しては状況によって扱いが異なります。

雨漏りの際に使える保険について

現在お住いのお宅で、梅雨時などに雨漏りに悩まされているという方は少なくないのではないでしょうか。