名古屋 水道職人 生活/暮らし

雨漏りの際に使える保険について

投稿日:2021年1月3日 更新日:

現在お住いのお宅で、梅雨時などに雨漏りに悩まされているという方は少なくないのではないでしょうか。補修が必要だけれど、予算のことを考えるとなかなか工事に踏み切れない、そのようなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。そういった方々のために、雨漏りに適用した保険というものが存在するのです。まず、築10年未満の住宅には、直接補償をしてくれる住宅瑕疵担保責任保険というものが存在します。

また、築10年を超える住宅では、火災保険が間接的に保障してくれます。前者の場合では、住宅に雨漏りが起きた場合、その修理を行った業者にその費用が支払われます。こちらは国土交通大臣が指定した法人が取り扱っているため、非常に信頼できます。料金の支払いなども業者が行ってくれるため、ご自身での手続きや負担がほとんどなく、とても手軽です。

次に火災保険ですが、これは従来、その名の通り火災に関する手当のみだったのですが、近年では風や雪、雹などによる被害でも取り扱われるようになりました。取り扱っている会社は基本的に大企業なので、信用して任せて問題ありません。また、事前にきちんと保険料を支払っている場合のみ、雨漏りの修理にお金がおりるため、余分に料金を加算されるというようなことは一切ありません。雨漏りは、生活していく中で意外と身近に起こりますが、非常に大きなトラブルです。

こういった制度を上手に活用して、対策ができるようにしましょう。名古屋の水道職人のことならこちら

-名古屋, 水道職人, 生活/暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

雨漏り火災保険が適用外になる場合

一年を通して様々な雨の影響を受ける日本では、雨漏りを生じる事が多々あります。

水道の不断水工事について

不断水工事とはその名前のとおり水道工事の際に断水を引き起こすことなく行える工事のことです。

屋根の劣化などで雨漏り修理が必要になったときは

築20年や30年以上の家に住んでいると、気付かないうちにあちこちが傷んでいるので、台風や大雨のときに雨漏りがすることがあります。

不断水工事の適用について

不断水工事は特殊な器具、部品を用いることで、既設の水道管を断水させることなく新規の水道管を分岐、枝分かれさせることができる工法です。

雨漏り火災保険の適用には条件が

すでにいくつかの保険に加入している人も多いですが、その中でも自宅や住まいに関する保険として火災保険があります。