名古屋 水のトラブル 生活/暮らし

雨漏りは保険金支給の対象か否か

投稿日:2020年12月31日 更新日:

最近は以前よりも、短時間に大量の雨が降る、突風や強雨を伴う台風が起きるということが多くなりました。その結果、住宅の雨漏り被害に遭うという人も多くなっているようです。雨による住宅の被害として考えられることは床上浸水や雨漏りが考えられます。どちらも自然災害であり、飴が原因であるということは共通していますが、保険金が支払われるか否かについては、その考え方は異なります。

雨漏りの場合、火災保険で保険金が支払われるという事は残念ながらありません。ただし、床上浸水などの水害については、契約している保険内容にもよりますが、支払われる可能性があります。その理由としては、風や雨、砂塵などの吹込み、漏入による住宅の損害については、火災保険の支払の対象と鳴っていないためです。一般的に雨漏りについては、住宅の老朽化が大きく影響していることが多いものです。

つまり、建物の老朽化が原因で起きた損害は、事故性がないと考えられ、十分に予測することが出来る範囲の損害であったということになります。予測することが出来たのであれば、様々なトラブルが生じる前に何らかの対策をこうじることが出来たのでは無いかという事になりますので、それを補償する必要は無いとの考えなのです。ただし、明らかに台風などの自然災害による被害であるという場合には、その限りではなく、補償内容を確認し、対象となっている場合には修繕するためのお金が支払われることもあります。名古屋の水のトラブルのことならこちら

-名古屋, 水のトラブル, 生活/暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゲリラ豪雨や台風による被害には雨漏り火災保険

近年では夏のゲリラ豪雨は非常に多く発生し建物への影響も心配されます。

不断水工事のメリット

不断水工事とは新たに水道管を取り付ける際に、既に流れている水道を止めることなく行える工事のことです。

雨漏り火災保険の適用には条件が

すでにいくつかの保険に加入している人も多いですが、その中でも自宅や住まいに関する保険として火災保険があります。

不断水工事の適用について

不断水工事は特殊な器具、部品を用いることで、既設の水道管を断水させることなく新規の水道管を分岐、枝分かれさせることができる工法です。

屋根を雨漏り修理したら行なう散水検査

雨漏りは雨の降っている日に発生しますが、雨漏り修理は雨の降っていない日に実施されます。