名古屋 水道 生活/暮らし

雨漏りに保険は適用されるのか

投稿日:2020年12月31日 更新日:

自宅で雨漏りが起こってしまうと、様々な場所に被害が及びます。特に家電は濡れてしまうと使う事ができなくなってしまう物が多いので、被害を受けてしまうと買い替える必要があります。自宅にある全ての家電を買い替える事になると、たくさんのお金が必要になります。しかし、突然たくさんのお金を準備する事が難しい人が多いのが現状です。

このような状況になった場合、保険が適用されれば負担を少なくする事が可能です。雨漏りに保険が適用されるのかどうか事前に知っておく事で、冷静に対処できるので必ず知っておくようにしましょう。雨漏りが起こった場合、全てのケースで保険が適用されるわけではありません。適用されるケースはとても限られているので状況をきちんと見極める事が大切です。

台風や豪雨などの災害によって雨漏りが引き起こされた場合は、保険が適用されます。その為、家電の買い替えや家の修理などをする場合も負担を減らす事ができます。災害が原因ではなく、家に原因があった場合は適用されません。屋根に隙間があって雨水が入り込んでしまった時や、建設されてから時間が経っていて家が劣化している時などは災害が原因ではなく家に原因があるという事になります。

素人では判断が難しい場合は、専門の知識を持った人に協力してもらい適用されるかどうか判断するようにしましょう。雨漏りが起こった際に、保険が適用されるかどうかは何が原因かによって変わります。原因をしっかり理解して判断する事が大切です。

-名古屋, 水道, 生活/暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

屋根を雨漏り修理したら行なう散水検査

雨漏りは雨の降っている日に発生しますが、雨漏り修理は雨の降っていない日に実施されます。

雨漏り修理には保険が使えることも

衣食住、特にその中でも住環境はとても大事なものです。

屋根の劣化などで雨漏り修理が必要になったときは

築20年や30年以上の家に住んでいると、気付かないうちにあちこちが傷んでいるので、台風や大雨のときに雨漏りがすることがあります。

雨漏りは保険金支給の対象か否か

最近は以前よりも、短時間に大量の雨が降る、突風や強雨を伴う台風が起きるということが多くなりました。

屋根の断熱材にも配慮した雨漏り修理

屋根裏に断熱材を施工してある家は、雨漏りは大敵です。